甘さ控えめで健康にもいい「ルイボスクッキー」の作り方

ルイボスは若返りのお茶ともいわれるほど、老化を予防する抗酸化作用が高いお茶です。また、ミネラルも豊富で、ノンカフェイン。健康食品としても様々なメディアで注目されています。今回はこのルイボスを使ったクッキーの作り方を紹介していきます。甘さ控えめなので男性にもお勧めです。

スポンサーリンク

使用するハーブ

ルイボス

ちなみに、ルイボスの高い抗酸化作用は「SOD酵素(スーパーオキシドディムスターゼ)」と呼ばれる酵素の働きによるもと言われています。このSOD酵素は人間も持っていますが、加齢とともに失われるとされます。この活性が高い動物ほど長寿と言われているので、ルイボスを通じて外部からSOD酵素を摂取できればより健康的に生きられると言えるかもしれません。

ルイボスというと「ルイボスティー(お茶)」というイメージが強いかと思いますが、このようにスイーツとしての楽しめます。

ルイボスクッキーのレシピ

By herb-recipe 公開: 6月 11, 2014

  • 出来上がり量: 約30枚分 (2 人前)
  • 準備時間: 20 分
  • 調理時間: 5 時間 0 分
  • 出来上がりまでの時間: 5 時間 20 分

ルイボスを使った栄養満点のクッキーです。ノンカフェインなので妊婦さんやお子様にもお召し上がりいただけます。

材料

作り方

  1. 下ごしらえ
    ・バターは常温に戻しておく
    ・小麦粉はふるっておく
    ・卵は卵黄だけを取り出す
    ・ルイボスは包丁で細かく刻む
  2. ボウルに常温に戻したバターを入れ泡だて器で練る

  3. あらかた練り終えたらボウル砂糖を加えてしっかりと混ぜる

  4. ボウルに卵黄を加えて混ぜる

  5. 混ざったら、ふるっておいた小麦粉を加えてゴムべらでさっくりと混ぜる。

  6. 生地がポロポロとまとまってきたら刻んでおいたルイボスをそのまま加え、生地がまとまるまで混ぜる。

  7. 生地がまとまったら、ボウルのまま冷蔵庫に入れて3時間寝かせる。

  8. 冷蔵庫から取り出して、打ち粉をした台の上で厚さ0.5cm程度に伸ばし、片を抜く

  9. 170度に温めたオーブンに入れて15分程度焼く。軽く焼き色が付いたら取り出します。荒熱をとって完全に冷めたら出来上がりです。